実力派の占い師が勢ぞろいの人気サイトから様々なお悩み、運勢を鑑定!

最終更新日:2017年03月25日

占いは半分当たっているかもってくらいでちょうどいいです

私は生まれた月日で決まる星占いはあまり信じませんが、毎日テレビで放送されている占いは思わず見てしまいます。
血液型占いというのも、A型社会の日本と欧米では比率が違うので、どうだかはっきりしたことはわかりませんが、よく私は「AB型だね」と言われたりします。
以前、結婚を申し込まれていた恋人がいて、結婚に迷いがありました。その人のことは好きだったのですが、どうしても「結婚」が考えられなくて、返事を延ばしていたのです。
そんな時に、新年のデパートの特設会場で中国4000年の占いというのがあって、15分で1000円だったので、日頃、占いにお金をかけたりしない私でしたが、占ってもらおうと思いました。その占いは1000円と言うリーズナブルな値段もあって人気があり、列になって並んで待っていました。占いをしてもらう人のほとんどは女性でした。
占いをする人は長テーブルに5人ほど並んで座っていて、事前に用紙に生年月日などを記入して提出することになっていました。その中に髭を生やした怖そうな人がいて、その人は言うことがきつくてイヤだな、と思って見ていました。すると自分の順番が回ってきて、その怖そうな占い師が担当することになったのです。
占い師は私の占いの紙と、結婚を申し込まれている相手の占いの紙を二つ並べて最初にこう言いました。「この人と結婚したら、別居か離婚だね」と。
私は迷っていたので、そう言われたらなんとなくやっぱりそうか、というような気持ちとほっとする気持ちを持ちました。
占い師の説明によると、私の占いでは夫が存在して結婚することになっているのだけど、相手の男性には結婚がなくて、結婚しても別居か離婚してしまうということでした。
そして、私に「この人、キープしながら、他探しなさい」と言いました。
私は誰かからその結婚を反対して欲しかったので、占いの結果にかなり満足しました。
結果として、私はその人と別れることになり、もし、結婚していたとしたら、占い通りに別居か離婚していただろうな、と思いました。
占いは全てではありませんが、人生で迷った時などに背中を押してくれるいいチャンスになることが多いのではないでしょうか。私の場合など、気乗りのしない結婚に足踏みをしていたのですが、占いの結果が決断するいい材料になりましたし、ためになったと思います。
結婚していたらどんなひどい結果になっていただろう、と今になると考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です